ビジネススキル養成所

元戦略コンサルが監修!30代中堅社員に送る生産性を150%アップさせる仕事術

ブログタイトル画像PC

MENU

稀代のバットマンが説く人心掌握術とは?

f:id:yujiro-akimoto:20180731170356j:plain

「名選手、名監督ならず」とよく言われるが、この人には当
てはまらないようです。

落合博満。選手として日本プロ野球史上初の三度の三冠王の
獲得、監督として四度のリーグ優勝、一度の日本一を成し遂
げました。

 

落合氏は、1998年現役引退後、2004年に中日ドラゴンズの
監督に就任する間の2001年に野球解説者として活動してい
た頃に「コーチング―言葉と信念の魔術」という書籍を
上梓しました。

 

指導者の視点というよりも、選手時代の体験から指導者と
してはどうあるべきかを説いたないようになっています。

プロ野球という特殊な世界のことを語っているが、本質的
には「人をどう育てるか」という点で見ると、一般の組織
に当てはまる事が多いです。

 

良い指導者の条件

落合氏によれば、良い指導者というのは、

  1. 過去の成功体験にしがみつかない
  2. 相手の長所・短所を見抜く鋭い観察力
  3. 相手の自主性を促すコミニュケーションができる、

などの特質があるそうです。

 

プロ野球という選りすぐられたアスリートの集団において
は、ただ資質があるというだけでは成功できません。

いかにして、他の選手にはない独自のスタイルがつくれる
かが鍵になります。

コーチはその手助けをするために存在しますが、選手の
特徴を考えずに自分の過去に成功したやり方で指導する
コーチが多いようです。

そのため、才能のある選手が日の目を見ないまま引退し
てしまいます。

 

たしかに「こうしろ」というのは、コーチにとって非常
に簡単です。

しかし、ひとりひとりの持っている課題は同じではない
ので、コーチは多様性に対する寛容度や先入観をもたず
に相手の事を分析する力が要求されます。

この点は、現在の福岡ソフトバンクホークスの監督であ
る工藤公康氏も同じようなことを述べています。

「私の理想としては、コーチには「教える」前に選手を「見ること」「感じること」が必要で、続いて話を「聞いて」相手の状態を理解し、最後にようやく「アドバイス」するというプロセスをたどるべきだと信じています。アドバイスは決して考えを押しつけるものであってはならないのです。あくまで選手の持つ能力を最大限に引き出すため、一緒に考えるための“助言”であるべきなのです」(日本経済新聞 2013/5/21)

 

ただ、落合氏は、仮に修正すべきポイントがわかったと
しても、それをすぐに伝えてはいけないと言います。

と言うのも、選手というのは、自らの技術を向上させる
にはまず本人が考え抜いて取組むべきで、そうしても結
果がでない場合にはじめてコーチにアドバイスを求める
べきで、コーチはそれまでじっと待っていなければなり
ません。

この自ら考える姿勢や向上心というのがプロの世界で
成功する要素だと言っています。

 

コーチに求められる要件として、選手からアドバイスを
求められた際に相手が納得・理解できるように説明する
コミュニケーション力をあげています。

 

組織をリードする物として、過去の成功体験にすがるの
ではなく、常に自己を向上させる事が重要であるかを
改めて認識した一冊です。

参考文献