ビジネススキル養成所

元戦略コンサルが監修!30代中堅社員に送る生産性を150%アップさせる仕事術

ブログタイトル画像PC

MENU

コミュニケーションは、○○力が命!

f:id:yujiro-akimoto:20180909220403j:plain

誰かと会話をしていて、

「この人、身を乗り出してきたので、こちらの話に興味があ
るのかな」とか

「ちょっと、怪訝な顔をされたぞ。何か悪いことを言ったか
な」とか思ったことはありませんか。

 

言葉にされない相手の表情や態度からいろいろな情報を読み
取ることができます。

コミュニケーションを取ってる最中に相手を観察することは
大切なことです。

 

コミュニケーションには観察力が大切

f:id:yujiro-akimoto:20180909220614j:plain

観察の大切さは、ビジネスの世界だけの話ではありません。

ラグビーの世界にエディー・ジョーンズというコーチがいま
す。

この人は、2015年のラグビーワールドカップで、世界の中で
は弱小と言われた日本のチームを徹底的に鍛え上げ、強豪の
南アフリカから34対32というスコアで勝利を得る快挙を成し
遂げたコーチです。

現在はその功績が評価され、ラグビーの母国である英国のコ
ーチを務めています。

 

そのジョーンズ氏はコーチングに関して、次のようなことを
述べています。

「コーチのもっとも重要なスキルは観察力だ。若い時は自分のことを気にすることが多い。でも歳をとると、静かに周りを観察し、何をしたら効果的なのかを考えるようになってきた」(PRESIDENT Onlineより引用)

 

それでは、どのような点に注意すればいいでしょうか。

言葉以外に気をつけるサインとして、

  • 姿勢や動きの変化
  • 表情の変化
  • 呼吸の変化
  • 声のテンポ・間の変化
  • 声のトーンの変化

などがあります。

 

表象システム

それ以外に相手がどのような感覚を使っているかを理解する
のも重要です。

人というのは、五感を使って外部の情報を受け取ります。

五感は、「視覚」「聴覚」「触覚」「嗅覚」「味覚」の五つ
です。

この五感ですが、人によってよく使われる感覚があるそうです。

 

NLPという学問では、それを表象システムと呼びます。

 

ちなみに、NLPとは、Neuro Linguistic Programing(神経言語
プログラミング)の頭文字を取ったもので、1970年初頭に心
理学と言語学をもとに新しく体系化された「実践的コミュニ
ケーション心理学」です。

 

人がどの感覚を主に使っているかは、会話の中の目の動き、
使う言葉、手の動き、身体的距離でなど分かります。

相手の優位な感覚に合った言葉を使うと、相手の共感を得る
ことができます。

 

【使う言葉】

  • 視覚が優位な人は会話の中で「見える、見通しがいい、
    明るい・暗い、はっきりしている」などの言葉を使い
    ます。
  • 聴覚が優位な人は、「聞こえる、考える、思う、リズム
    が合う、耳触りがいい」
  • 身体感覚(触覚、聴覚、視覚の三つをあわせたもの)が
    優位な人は、「感じる、触れる、重い感じ、おいしい話
    だ、気になる」などの言葉を使います。

 

【手の動き】

  • 視覚が優位な人は、頭に描いている絵を手で表現しよう
    とします。
  • 聴覚が優位な人は、思考している時に手が鼻や口元に行
    く傾向があります。
  • 身体感覚が優位な人は、手を使って自分の感覚を表現し
    ようとします。

 

最後に

いかがでしたか。

あなたは、どのような感覚をよく使っているでしょうか。

また、明日、会社で誰かとコミュニケーションをする時に、
相手がどの様な感覚の言葉に反応するかを確かめて下さい。

ただし、これは絶対的な者ではなく、あくまでも一つの傾向
値と考えて下さい。