ビジネススキル養成所

元戦略コンサルが監修!30代中堅社員に送る生産性を150%アップさせる仕事術

ブログタイトル画像PC

MENU

【書評】怒りとうまく付き合う方法とは?アンガーマネジメント

  • 書籍名:「パワハラ防止のための アンガーマネジメント入門―怒り、イライラのコントロールで、職場は変わる!成果が上がる!」
  • 著者名:小林浩志

 

f:id:yujiro-akimoto:20180926083620j:plain

 

最近、「キレる」高齢者が増えていると言われています。
高齢者というのは、65歳以上の人を指します。

 

これまでは、人間も60歳になれば人格円満になると言われて
いました。

孔子も「論語」の中で、「六十にして耳順う(したがう)」
と、60歳になると他人の意見に反発を感じず、素直に耳を傾
けられるようになると言っています。

 

しかし、実際はそのようにはなっておらず、国の統計によれば
高齢者の暴行による摘発は、10年前から四倍以上増えている
そうです。

 

驚くべきペースです。

 

些細なことでも怒りにまかせて、歯止めのかからない行動を
取ってしまうようです。

 

我々は、怒りとどう付き合えばいいのでしょうか。

 

 

アンガーマネジメントとは

f:id:yujiro-akimoto:20180926083908j:plain

アメリカでは、アンガーマネジメントという考え方があります。

怒り(アンガー)を管理する(マネジメント)とは、「怒
らなくなること」ではなく、怒りの感情と「上手につきあう」
ことを意味しています。

 

日本でも「一般社団法人日本アンガーマネジメント協会」と
いう団体がアンガーマネジメントの普及のために、企業研修
や講師養成などの活動を展開してます。

 

最近は職場における「パワハラ」や「モラハラ」「ソーハラ=
ソーシャルハラスメント」などが問題とされており、マネジ
ャーによる正しい組織管理を習得させるという点でも注目
されていようです。

 

アンガーマネジメントは、怒りが生じた時にその怒りと向
き合う対処法と、怒りが生じないようにセルフコントロー
ル技術から構成されています。

 

あくまでも他人を変えるのではなく、自分を変えることを
主眼としています。

 

 

怒りはなぜ起きるのか

中国のツィッターと呼ばれる「新浪微博(ウェイボー)」
の投稿内容を、悲しみ、嫌悪、喜び、怒りの四つの感情に
分類してその影響力を調査したところ、怒りの感情がもっ
とも早くかつ広く拡散することが判明しました。

 

著者によれば、人はなぜ怒るかというと、自らの体といっ
た物理的な要素だけでなく、自尊心、名誉、信念などの
心理的な要素が危険にさらされたり、裏切られたりした
時に怒りの感情が表れると言っています。

 

怒りというのは、怒りそのものがいきなり発生するので
はなく、ある感情がきっかけになって発生すると言われ
ています。

それは、不安、ストレス、悲しみ、妬み、苦痛、身体的
な辛さ、自分の弱さ、絶望感、悲観などネガティブな感
情です。

これを第一次感情と呼び、怒りはこの感情が契機になる
ので、「第二次感情(セカンダリー・エモーション)」
と呼ばれます。

 

人は、怒っていることが伝わらないと感じたら、余計に
怒鳴ります。

それは「怒ればなんとかなる」「怒ったほうが相手に響
く」と信じているからです。

 

また、特に怒りが身近な人に向かいやすい傾向があります。

その理由は、「身近なところにいる人は、コントロール
しやすい」という思い込みがあるからです。

 

 

怒りとどう付き合うか

f:id:yujiro-akimoto:20180926084524j:plain

それでは、怒りをどのようにコントロールすればいいで
しょうか。

 

この書籍で紹介されている怒りの対処方法は、次のような
ものがあります。

  • 「過去」と「他人」は「変えられない」という考える
  • 有酸素運動をしてリラックスする(有酸素運動によ
    り脳からエンドルフィン、セロトニンが放出されて、
    ストレスが緩和される)
  • カチンときたら、数を1から6までゆっくり数える
    (怒りの感情のピークは長くても6秒だといわれて
    いる)
  • 「Youメッセージ」ではなく、「I(私)メッセージ」
    を使う(「あなたが◯◯だ」と相手を評価するので
    はなく、「私は○○と思う」と自分の気持ちを素直に
    話す)
  • イライラを「書いて」「見える化」し、怒りの「ク
    セ」を知る

 

 

最後に

いかがでしたか。

 

古代ギリシアの数学者で哲学者あるピタゴラスは、「怒り
は無謀をもって始まり、後悔をもって終わる」と言ってい
ます。

 

自分もちょっとしたことで不機嫌になったりすることがよ
くあります。

他人事とは思わず、自分も怒りをコントロールして、穏や
かな生活が送れるようにしたいものです。

 

最近、ちょっと怒りっぽくなったなと心当たりのある人に
はおすすめの一冊です。