ビジネススキル養成所

元戦略コンサルが監修!30代中堅社員に送る生産性を150%アップさせる仕事術

ブログタイトル画像PC

MENU

【書評】「リエンジニアリング革命」

f:id:yujiro-akimoto:20180927103228j:plain

  • 書籍名:「リエンジニアリング革命」
  • 著者:マイケル・ハマー氏、ジェームス・A・チャンピー

 

この書籍は、マサチューセッツ工科大学のコンピュータサイ
エンスの教授であったマイケル・ハマー氏と経営コンサルタ
ントであるジェームス・A・チャンピー氏によって1993年に
出版されました。

日本では、一橋大学大学院国際企業戦略研究科教授の野中郁
次郎氏が翻訳をしています。

 

この著作によって、ハマーしとチャンピー氏は、ビジネス・
プロセス・リエンジニアリングという手法を確立し、日本
でもBPRブームが起きたという時代を代表するビジネス書
です。

 

リエンジニアリングとは

本書の中で、リエンジニアリングは次のように定義されて
います。

「リエンジニアリングとは、コスト、品質、サービス、スピードのような重要で現代的なパフォーマンス基準を劇的に改善するために、ビジネス・プロセスを根本的に考え直し、抜本的にデザインしなおすこと」

この定義の中で使われている「根本的」というのは、前
提条件や制約条件のないことを意味し、「抜本的」とい
うのは、既存の構造と手続きに囚われることなく新しい
手法を生み出すことを意味します。

 

なぜ、リエンジニアリング的な発想が必要になったかと
いうと、アダム・スミスが提唱した分業の原則は、産業
界の発展に大いに貢献してきました。

一例を挙げると、

  • 1820年代の鉄道会社における官僚的な組織運営
  • 1900年代初めの自動車業界でフォード社が移動式
    の組み立てラインの導入による作業の単純化
  • 1900年代初めのGM社による車種別部門制の導入

などがあります。

 

しかし、この分業という考え方が、市場環境がグローバ
ル化、変化のスピードアップなどの変化の中で、効力を
発揮するどころか逆に足枷になってきました。

 

つまり、分業を支えてきた調整機能が、企業運営にとっ
てコスト負担になっており(間接コスト、管理コストの
増加)、その閉塞状態から抜け出すために根本的で抜本
的な見直しが必要になったと言う訳です。

 

リエンジニアリング手法のポイント

リエンジニアリングを進めるための基本的なコンセプト
は、「根本的で抜本的な見直し」ですが、具体的にどの
ように進めればいいのでしょうか。


本書では、リエンジニアリングを進めるポイントとして、
分業化と集権化をいかにバランスさせるかにあります。

 

より詳細には、次の6つになります。

  1. 統合化:複数の仕事を一つにまとめる
  2. 権限委譲:従業員が意思決定する
  3. 業務の同時化・非直線化
  4. 複線化によるイレギュラー対応力の向上
  5. 業務の移管:最適な場所での遂行
  6. 無駄の排除:チェック、管理、管理の最小化

 

このような変革を進めることで、組織はフラットなプロ
セス型の構造になると言っています。

 

また、BPRというと日本では情報システムを導入するこ
とと理解されていることが多いのですが、あくまでもリ
エンジニアリング実現のための重要な構成要素の一つと
考えられています。

 

リエンジニアリング手法のもとになっている考え方は、
不連続思考」です。

不連続思考とは、現在当然のように進められているルー
ルや手順をある意味捨て去る「断絶」することを意味し
ます。

 

「そもそもなぜこれをやっているのか」「どうしたらよ
り安く、速くできるだろうか」という問いかけが必要と
なります。

 

最後に

f:id:yujiro-akimoto:20180927103132j:plain

いかがでしたか。

 

ビジネスの世界だけでなく、世の中にははやりすたりという
ものがあります。

 

しかし、本書にある根本的な考え方はいつの時代でも通用す
るものと言えます。

 

温故知新ではないですが、たまにこういった古典を読み返す
のもいいものです。