ビジネススキル養成所

元戦略コンサルが監修!30代中堅社員に送る生産性を150%アップさせる仕事術

ブログタイトル画像PC

MENU

ベトナム人と上手く付き合っている人だけが知る秘訣とは?

f:id:yujiro-akimoto:20181004152607j:plain

ベトナム。

 

南シナ海に面して長く南北に広がり、美しい自然や歴史的
建造物などで有名な国です。

 

社会主義国ですが、1980年代の後半に「刷新」を意味する
“ドイモイ”を導入し、経済を開放しました。

 

それ以降、経済は成長を続け、現在では外見から見ただけ
では他の東南アジアの国と区別ができないほどの発展ぶり
です。

 

そんなベトナム人の生活を代表するのが、バイクです。

 

首都ハノイの朝夕のラッシュ時は道路を埋め尽くさんばか
りの数のバイクが行き来し、まるで向こうからバイクの波
が押し寄せるような迫力があります。

 

道路を横切るときには、バイクを乗っている人が上手く
よけてくれるのですが、慣れるまではヒヤヒヤものです。

 

海外でビジネスをする時には、現地の文化・風土を理解し、
尊重をして臨むべきと、書籍などでも書かれています。

 

しかし、実際にその場面に接してみないとその文化的な
違いを理解できないもです。

 

 

ベトナムでの合弁事業

f:id:yujiro-akimoto:20181004152729j:plain

これは、ある企業の海外展開を支援したときの話です。

 

その会社は、自分たちの生産技術を海外にも広めたい意向
があり、ベトナムでも現地の企業に対して、生産術指導を
行い、指導料を得るという事業を始めました。

 

現地パートナーは、技術士同様の施設も作り、技術指導が
無事に始まりました。

 

しかし、彼らは技術指導が始まって間もない頃から、将来
の事業拡張の話をし始めました。

 

「あなたの会社と合弁事業を立ち上げて、この生産方式の
施設をベトナム全土に展開し、ベトナムでナンバーワンの
生産者になりましょう」と先方は鼻息もあらく、将来構想
を語ります。

 

しかし、日本側としては、ようやく立ち上げた技術指導で
ある程度の成果を上げてから、腰を据えて事業拡張につい
て検討したいと思っていました。

 

とはいえ、事業を大きくすると言うのは、悪い話でもない
ので、合弁事業の契約の前に、まずは両者のその目標に向
けた意識あわせとして覚書を取り交わしましょうというこ
とになりました。

 

その頃から、先方の話のトーンが少しずつ変り始めます。

 

明言はしていないのですが、どうも、先方の話の中に、
事業拡張の資金を全て日本側で調達してもらいたいと
いうニュアンスが含まれるようになりました。

 

それは、合弁事業なので双方の出資比率に応じた資金
負担で生きたい日本側の思惑とは異なるものでした。

 

そんなしっくりこない印象を抱いているうちに、いよ
いよ覚書の取り交わしになりました。

 

しかし、その覚書の内容を見て、こちらは驚いてしま
います。

 

覚書の中には、「合弁事業に必要な資金は、全て日本
側が日本政府と連携して調達する」
となっていたのです。

 

あわてて、内容の修正して覚書を締結することになり
ました。

 


ベトナム人気質について

f:id:yujiro-akimoto:20181004152911j:plain

経済発展を遂げているとは言え、まだまだ日本とは経済格差
があるので、こちらに頼るという気持ちもわからないではな
いですが、全てお任せというのは、あまりにの都合がいいの
ではという気持ちが日本側に起こります。

 

しかし、なぜこんなことになってしまうのでしょうか。

 

この事業に関して、ベトナムのハノイを訪問した時に、現地
で活躍している日本人の方と話す機会がありました。

 

たいていの人は、「ああ、それはあり得ることですね」と
それほど驚く様子もありません。

 

詳しい背景を聞いてみると、次のような話をしてくれました。

 

ベトナムの人というのは、相互扶助というか、助け合いの
精神を非常に強く持っていそうです。

 

例えば、街に溢れているバイクですが、一族の中で誰かが
バイクを買う場合、一族の人たちがバイクの代金を出し合
ってくれるそうです。

 

それでは、代金を出してもらった人は、その後少しずつ
お金を返していくかというとそういうことはなく、出し
てもらうことが当たり前で返す必要はないという風潮が
あるのです。

 

なので、ビジネスにおいてもベトナム人とお金のことで
交渉するときは細心の注意を払うべきだとアドバイスさ
れました。

 

その話を聞いて、「なるほど。それと同じ気持ちでこち
らに資金を出してもらおうとしていたのか」と納得した
のを記憶しています。

 

しかし、日本人にも助け合いの精神はありますが、同じ
助け合いの精神と言っても、どうもかみ合わない印象が
あります。

 

先日、そのことを思い出していたときに、ふと気づいた
ことがあります。

 

そのかみ合わないというか、しっくりこない原因は、
日本人とベトナム人の時間に対する認識の違いではない
かということです。

 

日本人的な感覚でいうと、「借りたものは返す」という
借りことと返すことは非常に時間的にも近い考えです。

 

しかし、ベトナムの人は、ある時に借りたものは、
いずれ返すというもっと時間軸が長いのではないかも
しれない。

 

つまり、お金を出してもらえるというのは、その時は
余裕があるので、すぐに返さなくても、いずれ必要に
なる時に返せばいいのではないかという考えです。

 

例えば、お変えを出してもらった人の子供が大きく
なってバイクを買いたいと言い出したその時に、
昔出してもらった分を返すことで、チャラにする
という意識があるのではないでしょうか。

 

こう考えたとき、合弁事業に関する先方の申し出の
裏にある期待が理解できたような気がしました。

 


最後に

f:id:yujiro-akimoto:20181004153136j:plain

いかがでした。

 

「相互に助け合う」という同じ概念を持ち合わせ
ていても、その実現の時間軸が違うと、理解でき
ないこともあるようです。