ビジネススキル養成所

元戦略コンサルが監修!30代中堅社員に送る生産性を150%アップさせる仕事術

ブログタイトル画像PC

MENU

どうしても続けられない人が陥るワナとは?

f:id:yujiro-akimoto:20181009084451j:plain

米国にロミンガー社というのリーダーシップを研究している
会社があります。

 

この会社の調査によれば、経営幹部としてリーダーシップを
うまく発揮できるようになった人に「どのような出来事が
役立ったか」について尋ねました。

 

回答は、「70%が経験、20%が薫陶、10%が研修」という結果
でした。

 

経験というのは「仕事」、薫陶というのは「上司の言葉」です。


研修というのは10%程度の貢献度ですが、研修で学んだことを
実際に現場で適用していくことが必要です。

 

エグゼクティブコーチングの第一人者であるマーシャルゴールド
スミス氏は、リーダーをより良いリーダーにするための行動や
言動の変革を続けることの重要性を説いています。

 

なお、マーシャルゴールドスミス氏の論文の翻訳については、
ゴールドスミス氏ご本人の承諾のもとで行っております。

 

www.inst-of-bizskills.com


ある厳しい質問により効果的なリーダーになる

マーシャル・ゴールドスミス

 

私たちが変化するのを妨げているものは、私たちをより効果的
なリーダーにするのだろうか。

 

素晴らしい質問である。

 

私は、自分のリーダーシップ開発コースの参加者が、実際に私
が教えたことを実践しているかどうか、そしてより効果的な
リーダーになったと見られたかを測定している唯一のエグゼク
ティブ向け教育者であろう。

 

セッションの終わりに、私はリーダー(既に360度フィード
バックを受けている)に、仕事仲間をフォローアップし、どう
すれば彼らがより効果的になり続けられるかのアイデアを継続
して質問するかを尋ねている。

 

一年後、約70%が推奨されたフォローアップを実践していた
(それは彼ら自身ではなく、仕事仲間からの報告による)。

 

30%は全く何もしていなかった。

 

私はこの結果を恥じていない。私はハッピーだ。

 

フォローアップをした70%の人がより良いリーダーになった
と見られているだけでなく、何もしなかった30%の人も悪く
なっていないのだ!

 

しかし、あなたへの質問だが、30%の人はそうすることがより
効果的なリーダーになると判っていながら、何が変化すること
を防いでいたのだか。


途中で放棄する

私は、クライアント企業のひとつで「何もしなかった人」の
多くにインタビューをし、なぜ彼らはフォローアップのコミ
ットメントを途中で放棄したのかを確かめる機会を持った。

 

彼らの答えは、誠実さ、倫理、価値観とは全く関係なかった。

 

「何もしなかった人」は良い価値観を持つ素晴らしい人たちだった。

 

彼らは、仕事仲間をフォローアップしなかったことに済まな
さを感じている知性のある人たちだ。

 

もし、それが知性か価値観の欠如でなかったなら、なぜ私の
研修の参加者の30%が実践するように教えられたことをやる
というアイデアを放っておいて、一年間を全く目に見える成果
なしに過ごしたのだろうか。


言い訳、言い訳

答えは、ある夢想と関係している。私はこの夢想に何年も
浸っている。

 

事実、あなたもまた同じような繰り返し発生する夢想を持っ
ているだろう。

 

この夢想はなぜ私の研修の参加者がやるべきだと判っている
ことをやらずに終わってしまったのかを説明する。

 

それはまたおそらく、なぜ人生やキャリアにおいてやるべき
だと判っている多くのことをしなかったかを説明するだろう。


夢想はこんな感じ

「私は今もの凄く忙しい。事実、これまでの人生で感じた
ことがないくらい忙しい。

 

時々、私の人生はちょっとコントロール不能な感じがする。

 

しかし、私は今非常にユニークで特別な課題に取り組んでいる。

 

私はこの最悪なことは数ヶ月で終わると考えている。

 

それから、何週間かかけて、身辺を整理し、家族との時間を
過ごし、『健康的な生活』プログラムを始め、個人的な育成
に取りかかるだろう」


厳しい質問

今までに、この夢とおぼろげながら似ている夢想を持ったこ
とはないだろうか。

 

どのくらいこれと同じような繰り返しの夢を見て来ただろうか。

 

私が出会ったほとんどのリーダーは、何年もそれを持ち続け
ていた。

 

私は現実の人たちが現実世界で現実の行動変革をする手助けを
しようとして厳しい教訓を学んだ。

 

あなたが夢に描いている「何週間」は起こらないだろう。

 

傾向を見て欲しい。

 

明日が今日よりもより常軌を逸しているのは十分可能性があるのだ!

 

もしあなたが本当に変化したいのなら、自分自身にこのきつい
質問をすることだ。

 

「私は今変わる意思があるのか。『数ヶ月内』ではなく、
『追いついた時』ではなく。今だ」

 

さあ、深呼吸をする。

 

壮大な計画は忘れる。人生の異常さを受け入れる。

 

今出来ることをやる。

 

他のことは全て放っておく。

 

今あるものと和解する。

 

あなたがやろうと「計画」したが、それをやる時間が取れな
かった「個人的な改善」活動を一覧表にする。


各々の活動について自分自身に挑戦する

二週間以内にリストから選んだ活動を始め、自分を苦しめる
ことを止める。

 

 

最後に

本日の記事はいかがでしたか。

自分に言い訳をせず、目標を達成できる心の強さを持ちたい

ものです。