ビジネススキル養成所

元戦略コンサルが監修!30代中堅社員に送る生産性を150%アップさせる仕事術

ブログタイトル画像PC

MENU

【雑記】最近我が家のベランダが騒々しい

現在の家に住むようになってそろそろ十年になります。

 

我が家はマンションの一階なのですが、前が猫の通り
道になっています。

 

色々な種類の猫が我が物顔で通り過ぎますが、人の気配
を感じると一目散に逃げていきます。

 

いつ頃からか、家族のものが「ベランダに残飯を置いた
ら食べに来るかな」といって置いて見ると、それを目当
てにやってくる猫が出てきました。

 

それは三匹の黒猫で、母猫と子猫二匹の親子でした。

 

最初はベランダの端の方で恐る恐る窺っていて、餌を
くわえるとすぐに逃げだしていたのですが、徐々に慣
れてきて窓の近くまでやってくるようになりました。

 

残飯だけでは足りなくなったので、キャットフードを
買ってあげるようになりました。

 

そんな親子連れでしたが、やがて親の姿が見えなくなり、
次にもう一匹がいなくなりました。

 

「野良猫だかた事故にでも遭ったのかね」と家族で残念
がっていました。

 

最後の一匹はすっかりなついてしまい、朝晩やってき
ては「ニャーニャー」泣いて餌をねだります。

 

やがて、夏が過ぎ、秋が訪れます。

 

朝、起きてみるとベランダの方が騒がしいので、何事か
と思って行ってみると、なんといつもやってくる黒猫の
後を小さな猫が二匹ついてきているではないですか。

 

そうです。

 

この黒猫は子供を生んで、お母さんになっていたのです。

 

f:id:yujiro-akimoto:20181009165045j:plain

f:id:yujiro-akimoto:20181009165115j:plain

ちび猫は、母親似の黒猫と、茶色のまだら模様の二匹です。

 

二匹はまだ人間が見慣れないのか、すぐ逃げてしまいます
が、まだ小さくて可愛いです。

 

f:id:yujiro-akimoto:20181009165221j:plain

 

猫じゃらしを物干し台につけてあげると、興味津々で遊ん
でいました。

 

f:id:yujiro-akimoto:20181009165141j:plain

 

野良猫ですが、親子三世代に渡って訪れてくれると、何だか
親近感が沸いてきます。