ビジネススキル養成所

元戦略コンサルが監修!30代中堅社員に送る生産性を150%アップさせる仕事術

ブログタイトル画像PC

MENU

グローバル・リーダーとして成功する秘訣とは?

f:id:yujiro-akimoto:20181011103924j:plain

 

2000年代の初頭のベストセラーである『フラット化する
世界』(原題 The World Is Flat: A Brief History of the
Twenty-first Century)で、著者のトーマス・フリードマン
氏は、21世紀の世界はITとグローバリゼーションの結合に
よって世界が「フラット化」すると言っています。

 

グローバル化は否応なしに進んでいきます。

 

このような環境が変化する中で、我々はどのようにリーダー
シップを発揮していけばいいのでしょうか。

 

エグゼクティブコーチングの第一人者であるマーシャル
ゴールドスミス氏は、効果的なリーダーになるための秘訣
を解説しています。
(Harvard Business Onlineに掲載された論文)

 

なお、マーシャルゴールドスミス氏の論文の翻訳については、
ゴールドスミス氏ご本人の承諾のもとで行っております。

 

www.inst-of-bizskills.com


効果的なグローバル・リーダーになる

f:id:yujiro-akimoto:20181011104154j:plain


私の会社は、今までほとんど聞いたことがない領域の世界に
まで広がっている。

 

疑いもなく未知なる話題を持ち出している。

 

リーダーとして、グローバル化がゲームのルールを変えよう
としている時、成功するために私には何が必要だろうか。

 

 

この質問に答えるのを助けるために、私は、アリアンツ国際
大学のマーシャル・ゴールドスミス経営大学院のグローバル・
リーダーシップ開発センターのマヤ・フー・チャン
(Maya Hu-Chan)にコンタクトした。

 

マヤは国際経営コンサルタントで、グローバル・リーダーシッ
プ、エグゼクティブ・コーチンング・異文化間ビジネス・スキ
ルに特化した認定エグゼクティブ・コーチである。

 

マヤと私は共同で「Global Leadership: The Next Generation
(グローバル・リーダーシップ:次の世代)」を執筆した。

 

その書籍から、直面するグローバル化の課題について多くを学んだ。

 

 

まず、グローバル化はまさにここにあることを学んだ。

 

それは私たちに日常の生活で急増している。

 

組織だけがグローバル化するのではなく、個人、家族、友人も
グローバル化する。

 

例えば、サンディエコの自宅からコンピューター・サポートに
電話すると、インドにいる技術サポートに繋がるかもしれない。

 

それとも、あなたの息子はドイツにいるビデオゲームクリエー
ターとつながり、全くたくさんの欧州にいる人とFacebookで
友達になるかもしれない。

 

ディズニーは正しい。

 

それは本当に小さな世界だ!

 


第二に、今日のグローバル・リーダーは、パートナーシップの構築を学んだ。

 

組織が標準化し、オペレーションが世界規模で統合されるに
つれ、リーダーは戦略プランではシームレスに見えるが、
実際は多様な文化的バックラウンドとコミュニケーション
スタイルをもつ生の人たちを巻き込んでいるサプライチェ
ーンとの提携が望まれている。

 

新しい組織の試作品は、この複雑性を満たす新しい個別ス
キルを要求している。

 

それに応じて新しいツールが必要となるプランニングとコミ
ュニケーションへの挑戦を提起している。

 


私はマヤにグローバル・パートナーシップを構築するリーダ
ーへのコーチングでどんな経験をしたかを詳しく話すよう
依頼した。以下は彼女の回答である。

 

いかなるグローバル・リーダーの基本的な要素は、全てのレ
ベルの利害関係者に助言を求めながら、全体像を見る必要性
である。

 

私の最近のクライアントにハイテク多国籍企業のタイ人の副
社長がいるが、彼がまさにこの力学に直面した。

 

コーチとして、この二重性に文化的感度と認知でアプローチ
する手助けをした。

 

それはメッセージを行き渡らせるために適切なコミュニケー
ション手法を用いることだ。

 

彼の働きかけは階層間だけでなく、大陸間にも広がったので、
彼の戦略はその展望の複雑さを満たさなければならなかった。

 

彼は最初のマネジメントの取り組みとして、彼の上司、そして
上司の上司にインタビューし、短期的・長期的目標を「我々の
ミッションは何か」や「我々の戦略は何か」という質問で明ら
かにすること
から始めた。

 

そこから、彼は彼のチームに意見を求め、二日間で計画を作り、
アジア、米国、ラテンアメリカにまで展開する社員と定期的な
ネットワーク・ミーティングでフォローアップ
した。

 

結果は、彼らが何を実現したいかを具体的にすることでグルー
プの方向性を明確にした
ことである。

 


ある点では、グローバル・リーダーを配備する仕事は、さらに
多くの「非CEO」を創造する仕事である。

 

新しいリーダーは、当然の習性として一対一や一対多のパート
ナーシップの構築に長けている人たちである。

 

彼らは、プロジェクトの利害関係者がお互い助け合うために、
例えばピア・コーチングのような水平的なリーダーシップを
強調する。

(補足:ピア・コーチングとは、上司・部下間ではなくチー
ムメンバー間で行うコーチングのこと)

 


多国籍企業での仕事において、私のグローバル・クライアント
は、パートナーシップの構築は未来のグローバル・リーダーに
とって最も重要なコンピテンシー(能力)である
と指摘している。

 

リーダーは、信頼と長期間にわたる戦略的な関係性を内外で上
手く構築することや仕事を遂行するためにその関係を利用する
ことが必要である。

 


最後に、他の文化に好奇心を持ち、競争が激しく、ペースの早
いグローバル・ビジネスの環境でのコミュニケーションするこ
との挑戦を楽しむ
ことを覚えておく。

 

 

最後に

本日の記事はいかがでしたか。

 

グローバル化といっても、やっていることはメンバーとコミ
ュニケーションをとってお互いの理解を高めあう地道な作業
の積み重ねが大切なようです。