ビジネススキル養成所

元戦略コンサルが監修!30代中堅社員に送る生産性を150%アップさせる仕事術

ブログタイトル画像PC

MENU

【書評】「やさしくあがりを治す本」

f:id:yujiro-akimoto:20181016104319j:plain

本書籍名:やさしくあがりを治す本

著者名:鳥谷 朝代

 

プロジェクトの役員向けのプレゼンテーションだったり、
就職面接だったり、ここ一番という場面を控えていると、
人はどうしても緊張してしまいますよね。

 

程よい緊張感というのは、パフォーマンスを上げる効果が
あるという研究結果もありますが、緊張ではなく「あがっ
てしまう」と逆に自分が持てる力を発揮できないことがあ
ります。


この本は、ひとはなぜ「あがる」のか、どうしてたら
「あがる」のを抑えられるのかといったことを丁寧に説明
しています。

 

ちなみに、著者の鳥谷氏は、2014年に「一般社団法人あが
り症克服協会」という元あがり症によるあがり症のための
協会を立上げ、理事長に就任しています。そんな協会があ
るんですね。

 

 

人はなぜあがるのか

著者によると、あがり症は癖のようなもので、貧乏ゆすり
と同じように矯正は可能だそうです。

 

人が上がる仕組みですが、人は不安や恐怖を感じると、
神経伝達物質「ノルアドレナリン」が多量に分泌され、
自律神経のうち交感神経を刺激するそうです。

 

副交感神経が刺激されると、心拍数や血圧、体温などが
急上昇します。

 

まさに心臓がドキドキしたり、顔がほてったりという症状
です。


ノルアドレナリンは、「セロトニン」という物質によって、
その分泌が抑えられます。

 

逆に体内にセロトニンが不足すると、感情をコントロール
しにくくなるため、ちょっとしたことで不安になってしま
います。

 

このセロトニンがいかに増やすかが重要です。

 

書籍の中には、セロトニンの不足度チェックがあり、自分
のセロトニンの状況が簡易に把握できます。

質問のうち、五つ以上あてはまるものがあると、セロトニ
ン不足の疑いありです。

  1. 緊張しやすい
  2. 寝つきが悪い。夜中によく目が覚める
  3. 頭痛がある
  4. 疲れやすい
  5. 顔のたるみが気になる
  6. 猫背である
  7. イライラすることが多い
  8. たくさん食べても満足できない
  9. 太り気味
  10. 定期的に運動を行っていない
  11. 何をするにも億劫だ
  12. 朝食は食べないことのほうが多い

 

あがりやすい人の傾向として、完璧主義で真面目なとこ
ろがあるようです。

 

そのため、人前で恥をかきたくない、失敗したくないと
強く思いってしまいます。

 

しかし、誰でも生まれつきあがり症ではなく、あがりや
すくなったのには何らかの原因があります。それは

  • 過去のトラウマ、マイナス体験(例:高所恐怖症)
  • 場馴れしていない
  • プレッシャーを感じたとき
  • 準備・練習不足、

などです。

 

また、 あがり症の人には「人付き合いが苦手」という
人が多いようです。

 

人付き合いが苦手なだけでなく、「自分の存在は、他
人にとって迷惑で不愉快である」とネガティブに考えて、
相手の言葉や態度を悪いほう悪いほうへに解釈します。

 

これは、相手が悪いのではなく、自分がそのように感じ
ているのですが、そのことに気づいていません。

 

 

あがらないようにするには

自分の感じ方次第だと言われても、それができないか
ら多くの人は悩んでいるのだと思います。

 

それでは、どのようにすればあがらないようになるの
でしょうか。


本書では、あがらない方法としていくつかのアイデアが
提示されています。

 

  • 筋肉弛緩法:一度5-10秒全身に思いきり力を入れ、
    その後一気に脱力することを繰り返すとリラックス
    する
  • 腹式呼吸:セロトニンを増やす効果がある
  • ストレッチ:姿勢を正す筋肉と、あがりをコントロ
    ールする筋肉(腹横筋)はほぼ同じ。姿勢が悪いだ
    けではなく、あがり症の人は体が硬い。


腹式呼吸以外にも、セロトニンの増加に効果的な活動として、

  • ランニングやダンスなどのリズム運動(セロトニン
    だけでなく、免疫力や自己治癒力を高める効果のあ
    るエンドルフィンも増やす)
  • 咀嚼運動
  • 本読み
  • 赤みの魚や肉を食べる(特にカツオやマグロが効果的)
  • ナッツ類を食べる

などがあります。

 

それ以外にも、

  • 服装、姿勢、表情などの見た目をよくする
  • プレゼンなどの場合は、会場には早めに入る
  • プレゼン中は、視線は会場をまんべんなく見るのが
    理想だが、それが難しい場合には好意的に聞いてく
    れる人を中心にみる
  • 面接の場合は、決してとりつくろわない(落とされ
    る原因はあがること以外にある)

などにも意識するといいそうです。

 

 

最後に

f:id:yujiro-akimoto:20181016104615j:plain

本日の記事はいかがでしたか。

 

この本を読んでみて、自分が上がるときは準備が充分で
なかったことが多かったです。

 

準備をしておかないことで、「この後どうなるのか、
どんなことが聞かれるか」の先読みができず、漠然と
「答えられなかったらどうしようと」不安になってい
ました。

 

改めて、準備を徹底することの大切さを教えてもらった
一冊でした。