ビジネススキル養成所

元戦略コンサルが監修!30代中堅社員に送る生産性を150%アップさせる仕事術

ブログタイトル画像PC

MENU

成功し続ける人だけが知っているたったひとつの秘密とは?

f:id:yujiro-akimoto:20181017144134j:plain

「イノベーションのジレンマ」という書籍があります。

 

この本は、ハーバード・ビジネススクールのクレイトン・
クリステンセン教授が書いたものです。

 

副題に「技術革新が巨大企業を滅ぼすとき」とあり、イノ
ベーションが企業経営にどのような影響を及ぼすのかを解
説しています。

 

画期的な技術革新を取り入れて市場で成功を収めた大企業
は、経済的な合理性の視点から、その既存技術をさらに発
展させようとします。

 

しかし、新興企業やベンチャー企業は、規模の点では大企
業には叶わないのですが、その機動的な対応から、顧客ニ
ーズを取り入れた新機能を持った製品を投入し、新たな市
場を作り出します。

 

しかし、大企業は過去の成功体験から、そのような技術を
過小評価してしまう傾向があり、新市場への参入が遅れ、
やがて彼らのとの競争に敗れることがあるというものです。

 

企業に限らず、一人一人の人間も過去の成功体験を捨てき
れないということがあります。

 

エグゼクティブコーチングの第一人者であるマーシャルゴ
ールドスミス氏は、Talent Managementに寄稿した「変化
を選択する」という論文の中で、成功したリーダーがさら
に成功するためには、変化することを受入ればならないと
警鐘を鳴らしています。

 

本日は、この論文を紹介します。

 

なお、マーシャルゴールドスミス氏の論文の翻訳について
は、ゴールドスミス氏ご本人の承諾のもとで行っております。

 

www.inst-of-bizskills.com

 

変化を選択する

最新のコラムで、私は人や組織が変化を考えねばならない
時について話をした(簡単な答えはすぐに)。

 

今月は、どのようにして変化に影響を与えるかについて話
したい。

 

 

私は、ビジネスで最も成功した人たちの何名かと仕事をす
る幸運を得た。

 

彼らについて私が気づいたことは、彼らはじたばたしない
楽観主義だということだ。

 

彼らは自らが成功を作り出せると信じているだけでなく、
成功を実質的に彼らに与えられるべきもののように感じ
ている。

 

彼らは機会を他の人が不可解と考える熱狂さを持って追い
求める傾向がある。

 

 

成功した人たちはまた、自己決定について強烈な要望を
持っている。

 

彼らは自らがそれをすることを選択したのでやっている
と信じる。

 

人は成功すればするほど、これに当てはまる。

 

 

それらの二つの特徴は結びついている。私たちが選択し
たことをする時、私たちはそれによりコミットし、それ
について熱狂的になっている。

 

私たちがやると期待されていることをしたり、強いられ
たりする時、私たちは単に迎合的になり、ただそれをや
り遂げるふりをしがちになる。

 

 

あなたは、金銭が業績と関連づけられていない時でさえ、
どんな仕事でも態度の違いが判る。

 

私がケンタッキー州の高校に通学していた時、私のよう
な疑い深く皮肉の利いた冗談好きな人は、ある教師が職
業に対して神の思し召しを持っており、他の教師が生活
のために仕事をしていることが判った。

 

 

驚くことではないが、最高の教師は前者である。

 

彼らは、外部の力、例えば着実な給与や夏期休暇などの
外部の力にコントロールされているというよりも、私た
ちにコミットしていた。

 

 

成功した人たちは、コントロールされていたり、操作さ
れていたり感じることに対して独特の嫌悪を持っている。

 

私はこれを仕事において毎日見ている。私は、他の人を
より良く変えられる誰かとして素晴らしい紹介をしても
らっても、私はまだ抵抗に遭う。

 

私は自分が人を変えられないという事実と和解している。

 

私は、彼らが自らで変わると選んだものが良くなるよう
手助けしているだけだ。

 

 

不幸にも、「私は成功することを選んだ」と考える人た
ちに「そして、私は変わることを選んだ」を付け加える
のは簡単ではない。

 

私たちの行動は自らの選択の結果だと信じるほど、行動
変革が望ましいということを理解しなくなる。

 

 

これには理由があり、それは心理学でも最も研究された
原則の一つである。

 

それは認知的不協和で、それは私たちが心で信じている
ものと、実際に経験していることとの間の断絶を言及し
ている。

 

 

基本的な理論はシンプルだ。何かが真実だと信じること
にコミットするほど、反対のことが事実だと信じにくく
なる。

 

たとえ、私たちが事実間違っていることを示す明確な証
拠を目の前にしても。

 

 

例えば、もしあなたが同僚の一人を間抜けだと深く信じ
ているなら、あなたは彼の実際の振る舞いに関わらず、
彼がすること全てをその信念のフィルターに通すのだ。

 

 

彼が何をしようとも、あなたは自分の先入観を裏付ける
プリズムを通してみるのだ。

 

このネガティブな認識に打ち勝つのは、その人の側で何
年にも渡る清廉な行動が必要である。

 

 

それが他の人にも適用される認知的不協和であり、職場
での混乱や不公平の力となり得る。

 

 

にもかかわらず、この同じ原則は、成功した人たちが自
らに当てはめる時に、実際に彼らに好意的に作用する。

 

それは、成功した人たちが辛い時に屈服したり、ぐらつ
いたりしない理由になる。彼らのゴールや信念に対する
コミットメントは、彼らの現実をバラ色の眼鏡で見させ、
どんな困難も幸せに勝たせるのだ。

 

 

それは、多くの状況で良いことである。彼らの個人的な
コミットメントは、人に最後までやり遂げさせ、状況が
厳しくなった時にも諦めさせないよう働きかける。

 

 

同様に、あなたが様々な規模の変化に取組む時に、その
貴重なものから目を離さずにいようとし、挫折を前向き
に評価することだ。言い換えれば、変化することを選択
し、頑張ることだ。

 

 

最後に

 

本日の記事はいかがでしたか。

 

論文の中にある認知不協和とは、米国の心理学者である
レオン・フェスティンガー氏によって提唱されたものです。

 

この理論によれば、人は自分の中で矛盾する考え抱えた時
に不快感を感じます。その不快感を解消するために、自身
の態度や行動を変更したり、「新しい事実」を否定するな
ど自身の態度や行動を変更させると考えられています。

 

 

参考文献