ビジネススキル養成所

元戦略コンサルが監修!30代中堅社員に送る生産性を150%アップさせる仕事術

ブログタイトル画像PC

MENU

上司が勝ちにこだわりすぎると…

f:id:yujiro-akimoto:20181109093729j:plain

1970年代の後半から90年代にかけて女子テニスの世界で
圧倒的な強さを誇っていたマルチナ・ナブラチロワという
選手がいます。

 

ウィンブルドン選手権の大会史上最多優勝記録(9勝)、
WTAツアーの最多優勝記録(シングルス167勝、ダブルス
177勝)など、数々の歴史的な記録を打ち立てました。

 

そのナブラチロワは、勝負に関して「勝ち負けは関係ない
という人は、たぶん負けた人なのだろう」
という言葉を残
しています。勝利にこだわる強い意志の伝わる言葉です。


エグゼクティブコーチングの第一人者であるマーシャル
ゴールドスミス氏は、Thinkers50 Blogで「いいえ、しか
し、でも」という論文を発表し、成功したリーダーにあ
りがちな20の悪癖のひとつである勝ちにこだわる傾向に
ついて警鐘を鳴らしています。

www.inst-of-bizskills.com

www.inst-of-bizskills.com

 

本日は、この論文を紹介します。

 

なお、マーシャルゴールドスミス氏の論文の翻訳につい
ては、ゴールドスミス氏ご本人の承諾のもとで行ってお
ります。

 


「いいえ、しかし、でも」

勝つことを好む人が陥る簡単な癖で、会話を殺す確実な
欠点は、文章を「いいえ」「しかし「でも」で始めるこ
とだ。

 

それはあなたの口調がどんなに友好的であっても、どん
なにその言葉を蜂蜜のように甘く言っても、問題ではない。

 

受け手に対するメッセージは、「あなたは間違っている」だ。

 

それは、「さあ、議論しましょう」や「あなたの考えて
いることを聞くのが好きです」ではなく、それははっき
りと「あなたは間違っていて、私が正しい」と言っている。

 

もしあなたの会話の相手がまた勝者型なら、あなたは潜
在的な戦闘が手元にある。そして、生産的なことは決し
て起こらない。

 

 

あなたの仕事仲間がどのくらい競争好きかを知るちょっ
としたテストに興味があるだろうか。これを試して欲しい。

 

一週間に渡り、各自が「いいえ」「しかし」「でも」で
会話を始めた回数をスコアボードにつけ続けることだ。

 

あなたはそれらの単語がどんなに一般的に使われている
のかに驚くだろう。そして、もしもう少し深く掘り下げ
るなら、あなたはそこで現れるパターンが分かるだろう。

 

ある人はそれらの単語を力を得るために使う。

 

そして、あなたはどのくらい人がそれを不快に思い、議
論を活発にするよりも、どうやってそれが議論の息の根
を止めるかが分かるだろう。

 

 

私はこのテクニックをクライアントと一緒に使っている。

 

実際に考えることなしに、私は彼らがこの三つの単語を
使うのをカウントし続けている。

 

それは、本当に重要な指標だ!

 

もしその数字がクライントとの最初のミーティングで貯
まるなら、私はクライアントを遮って、「私たちはほぼ
一時間話しています。あなたは、17回、いいえ、しかし、
でものどれかで反応したのが分かりましたか」と言う。

 

これはまさに、行動変革に関する真剣な会話が始まる時だ。

 

 

もし、これがあなたの対人的な挑戦なら、あなたが仕事
仲間を測定するくらい簡単に自分自身にこのちょっとし
たテストができる。自分のポジションを弁護するのを止
めて、「いいえ」、「しかし」「でも」で始まる発言を
何回しているかを監視し始めることだ。

 

あなたが文章でこの単語を使う時に十分な注意を払う。

 

例えば、「それは真実だ。しかしながら…」
(意味:あなたはそれが本当に真実だとは全然思っていない)

 

他の懐かしく魅力的なものは「はい、しかし…」
(意味:反論の準備をしている)

 

自分自身の行動を監視するのに並行して、あなたはまた、
この苛つかせる行動をあなた自身で止めさせる解決策を
簡単に貨幣化できる。

 

友人や同僚に、あなたが「いいえ」「しかし」「でも」
という度にあなたにお金を請求するよう頼むことだ。

 

いったんあなたがどのくらい有罪かを理解したなら、
恐らくその時にあなたは自分の「勝ち」方を変え始めて
いるだろう。

 


最後に

f:id:yujiro-akimoto:20181109094218j:plain

本日の記事はいかがでしたか。

 

どうしても、「いいえ」「しかし」「でも」という言葉は
使いたくなりますよね。

 

これからは意識していきたいと思います。