ビジネススキル養成所

元戦略コンサルが監修!30代中堅社員に送る生産性を150%アップさせる仕事術

ブログタイトル画像PC

MENU

あなた、マウンティングをしていませんか?

f:id:yujiro-akimoto:20181112094741j:plain

動物の求愛行為には様々なものがあります。

 

オーストラリアとニューギニアに生息するニワシドリと
いう鳥がいます。

ニワシドリは、別名コヤツクリ、アズマヤドリとも呼ば
れるのですが、その由来は繁殖期の近づいた雄が、雌を
惹きつけるためにと、小屋型のあずまやを作るためです。

このあずまやを作るときに、他の雄とは違うように見せ
るために、周囲に花びらや鳥の羽、実などで装飾します。

 

ジャクの雄が繁殖期に美しい飾り羽を広げて、メスにア
ピールするのも同様です。

 

繁殖期だけでなく、群れをなす動物になると、例えば、
サルは相手の背中に乗って個体間の優位性を誇示す
「マウンティング」を行います。

 

動物の世界では、いかに他よりも優れているかを示すこ
とで、自分の種が後世に残そうとします。

 

これは動物の世界だけの話ではありません。

 

エグゼクティブコーチングの第一人者であるマーシャル
ゴールドスミス氏は、Thinkers50 Blogで「私は賢くない
のか、彼らが馬鹿ではないのか」という論文を発表し、
成功したリーダーにありがちな20の悪癖のひとつである
自分がいかに賢いかを話す傾向について警鐘を鳴らして
います。

www.inst-of-bizskills.com

 

本日は、この論文を紹介します。

 

www.inst-of-bizskills.com

 

なお、マーシャルゴールドスミス氏の論文の翻訳につ
いては、ゴールドスミス氏ご本人の承諾のもとで行っ
ております。

 

 

 

私は賢くないのか、彼らが馬鹿ではないのか

あなたが私のビデオシリーズや書かれたブログを順番
に進めるにつれて、私たちの誰もが逃れられない多く
の個人的な欠点を聞いているだろう。

 

この資料をレビューしている中で、あなたは自分自身
を認識するだろう。

 

あなたはこう言うかもしれない。

 

「これは私だ!」とか「それはずっとしている。そんな
風に理解されていたとは知らなかった」

 

 

それらの悪癖のいくつかは、自分自身で認めるのが難
しいものもある。

 

しかし、もしあなたが自己認識を軽くひと突きすれば、
それは良いスタートだ。

 

更に良いことは、それが問題であると認めることである。

 

多くの人がこれをルールにしていないが、もしあなた
がこのブログシリーズを見て、論文を読んでいるなら、
あなたは数少ないうちの一人になるだろう。

 

さらに良いのは、あなたのやり方を変える矯正行動を
とることだ。

 

金星に輝く人がいる。

 

それは、より良いリーダーに向けて出世街道をひた走っ
ている人たちだ。

 

 

今から議論する悪癖は、極度の負けず嫌いの別の変形で
ある。

 

それは、世間に自分たちがどんなに聡明か、他の人がど
んなに能無しかを伝えているか、誰か他の人がそうして
いるのを聞いていることだ。

 

私が10万人以上の人に尋ねた質問は、全ての対人コミュ
ニケーションのうち、

 

(a)いかに自分たちが聡明であるかを誰かに話しているか、
誰かがそう話しているのを聞いていると

 

(b)他の誰かがいかに愚かであるかを話しているか、誰か
がそう話しているのを聞いているのを

 

足した比率はどのくらいになるかである。

 

答えは? 約65%だ!

 

 

さて、これが本当のテストだ。

 

今までの人生で感じたよりも、忙しくプレッシャーの下
にあると感じている人は何名くらいいるのだろうか。

 

ほとんどの人はこの質問に断固として「私です!」と答え
ている。

 

心配しなくても良い。あなただけではない。

 

私たちの多くがそういう風に感じている。

 

もし、私があなたの時間を節約するのに役立ち、効率性
を無限に向上させる生産性向上ツールを与えるとしたら、
あなたの耳がそばだつだろうか。

 

きっとそうなるでしょう。

 

 

ここに生産性向上ツールがある。

 

その数を減らす。

 

自分がいかに聡明かを話すことでどのくらい学んだのか。

 

なしだ。

 

他の人がそう話すのを聞いてどのくらい学んだのか。

 

ゼロだ。

 

他の人がいかに愚かを話したり、他の人がそう話したり
するのを聞いてどのくらい学んだのか。

 

絶対にゼロだ。

 

 

もし、あなたが、あなたと密接に働いていて、あなたを
良く知る誰かと、見たところ些細な瞬間に立ち止まるな
ら、言い換えると問題が何もなく、あなたは「私が勝者
だ」という筋肉を動かさなくても良いのなら、あなたは
自分がいかに聡明かというのを止めるスキルを身につけ
ている。

 

そして、もしうわさ話や自尊心を焚き付けることが始ま
った時にあなたが「すいません」と言って、自分の席に
戻れるなら、あなたはその数を減らす自分の道を順調に
進んでいるのだ。

 

 


最後に

本日の記事はいかがでしたか。

 

自分が優れていることを誇示するよりも、部下や周りの
人をもり立ててチーム運営したほうが、精神的にもいい
と思います。

 

あなたはどう思いますか?